2018年11月13日(火)

集団的自衛権論議にきしむ「平成デモクラシー」
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2014/3/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

憲法9条の解釈変更が政局の争点になってきた。集団的自衛権の行使容認が安全保障政策の大転換だというだけではない。時の首相と法律顧問役の内閣法制局の「政と官」の攻防。憲法論戦の舞台となってきた国会のあり方。これは政権交代可能な政治を形作ってきた「平成デモクラシー」のきしみでもある。

■法制局を押し込む源流は小沢氏

9条解釈の変更に動く首相の安倍晋三。憤然としたのは2月12日の衆院予算委員会だった。

「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報