2019年3月20日(水)

鉄道軒並み運休、Uターン混乱 JR有楽町駅前火災

2014/1/3付
保存
共有
印刷
その他

3日午前6時35分ごろ、JR有楽町駅(東京都千代田区)近くから出火、ゲームセンターやパチンコ店など4棟(約900平方メートル)が焼けた。けが人はなかった。この影響で、JR東海は火災発生直後から正午前までの5時間余り、東海道新幹線の東京―品川間で運転を見合わせた。

JR有楽町駅前の火災で東海道新幹線などが一時、運転を見合わせた。Uターンにも影響(3日)

JR有楽町駅前の火災で東海道新幹線などが一時、運転を見合わせた。Uターンにも影響(3日)

この間、折り返し運転ができないため、品川以西でも上下線ともほぼ発着できなくなった。各駅ではUターンラッシュの乗客らが足止めされ、大きく混乱した。

JR東海によると、東海道新幹線は3日午後から上り指定席の予約がほぼ満席となり、Uターンラッシュが本格化した。

妻子と一緒に妻の実家がある宮城県白石市に帰省し、3日朝に東京駅で東海道新幹線に乗り換え予定だった大工の男性(31)は、東京駅で「これから静岡市の自宅に帰るところだった。仕方がない」と話した。

現場は有楽町駅前の繁華街で、ゲームセンターなどは高架の線路沿い。警視庁はゲームセンターが火元とみて、鎮火を待って原因を調べる。東京消防庁から消防車50台以上が出動し、消火した。JRの通信ケーブルなどの設備も焼けた。

一時は一帯に煙が立ち込め、近くの百貨店が午前10時からの開店を見合わせる影響も出た。

3日朝、有楽町駅に夫の見送りに来ていた江東区の主婦(56)は「ここに来るタクシーに乗っている時から煙が見えた。駅に着くと焦げ臭かった。現場からは真っ赤な炎が燃え上がって、なかなか消えそうになかった。怖い」と話した。

また、JR東日本は山手線の全線と東海道線、京浜東北線の一部を運休したが、午後1時までにすべて運転を再開した。計125本が運休するなどし、27万人に影響が出た。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報