続々登場ミニEV 脱ガソリン時代の「足」になるか

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2012/12/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 国土交通省が旗を振る、軽自動車よりも小さい車両区分である「超小型モビリティ」に大きな進展が見られない。そうした中、自動車メーカーは現在ある法規の枠を使い、俗に「ミニEV(電気自動車)」と呼ばれるタイプの新製品を次々に市場に送りだしている。こうしたミニEVからは、まだ姿を現していない、超小型モビリティが見えてくる。

軽自動車よりも小さいクルマの普及を目指す動きが目立ってきた。国土交通省は2012…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]