/

この記事は会員限定です

GPIFが売りを浴びないために

編集委員 梶原誠

[有料会員限定]

世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が株式運用を増やす期待が高まっている。呼応するかのように、安倍晋三首相も演説でそんな姿勢を訴えた。だが、ここまで相場に織り込むと、割高に買うことにならないか。「大量に買う」と予告する投資家などめったにいない。

関連記事
・5月2日 日経朝刊4面「『国を開いて成長』 首相、英金融街で講演へ」
・6月2日 日経朝刊4面「首相は投資家と対話を」(ルーベンスタイン氏会見)
・6月3日 日経朝刊1面「株運用 8月にも方針、公的年金 20%『高すぎない』」

日本株への投資拡大、市場は先取り

5月1日、英国の金融街シティー。安倍首相の演説は、場所柄からも市場を意識したものだ。GPIFについて「フォワード・ルッキング(前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン