/

ソニー、新たに2460万件の個人情報流出か 米子会社

ソニーは3日、米ゲーム子会社のソニー・オンラインエンタテインメント(SOE、カリフォルニア州)のシステムが4月16~17日にかけてハッカーの不法侵入を受け、約2460万件の顧客情報が流出した可能性があると発表した。この情報には約1万2700件のクレジットカードやデビットカード番号の情報を含むという。

SOEはパソコン向けのオンラインゲームを提供しているソニー米国法人の子会社。流出した可能性がある情報のうち日本の分は約18万5000件で、クレジットカード情報は約4300件。クレジットカード情報は2007年当時のデータベースから流出した可能性があるとしている。

ソニーはすでにゲームや映画、音楽などのインターネット配信サービス、「プレイステーション・ネットワーク」と「キュリオシティ」がハッカーの不法侵入を受け、計7700万件の個人情報が流出した可能性があると発表済み。さらに別の子会社でも、ほぼ同時期にハッカーの攻撃があったことが新たに判明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン