/

この記事は会員限定です

サイバー攻撃、抜き打ち訓練で職員に喝 広島県庁

[有料会員限定]

ウイルス付きメールなどで企業や官公庁・自治体に侵入し、機密情報を盗み出す「標的型サイバー攻撃」。専門家は「組織の9割は標的型のウイルスに感染している」と語り、人ごとではない大きな問題で、手口は悪質化する一方だ。2012年、攻撃を受けた広島県庁は、知恵を絞って技術と人の両面から防壁を再構築していった。標的型サイバー攻撃との闘いの軌跡を追った。

出口対策を加え多層化

「ウイルスが侵入しています!」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン