/

この記事は会員限定です

変革への第一歩 伊藤忠・トヨタ「ヒト」を再定義

実践タレントマネジメント(2)

[有料会員限定]
 個々の能力を全て同じ指標で見える化し、人材戦略に生かす。欧米型の「タレントマネジメント(才能管理)」に全社で挑む企業が増えている。背景にあるのは、ビジネスのグローバル化の加速と、関連ソフトウエアやサービスの充実。国内各社は最終目標である「ヒトの全体最適」を目指し、(1)人材データベースをはじめとした企業システムの整備、(2)評価指標の統一、(3)海外拠点を含めた全社への適用――を進めている最中だ。伊藤忠商事やみずほフィナンシャルグループ、トヨタ自動車など先行7社の取り組みを見ていこう。自社でタレントマネジメントを展開する際のヒントが見つかるはずだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン