/

日経電子版、100万人突破 幅広い世代が利用

日本経済新聞社が2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の登録会員数(有料会員と無料登録会員の合計)が3日、100万人を超えました。国内報道サイトの登録者数としては初めてです。インターネット経由の情報入手が一般に浸透するなか、紙と各種ネット端末、ソーシャルメディアなどを組み合わせた新聞の新しい読み方の提供を目指しています。

会員には有料会員と無料登録会員があり、無料会員は有料会員限定の記事を毎月一定数閲覧できます。3日現在、有料会員が全体の約15%を占めています。

登録会員全体の3割が部長級以上の役職者。課長・主任級も3割いて、企業など職場のリーダー層が過半を占めます。年齢は20~30代が35%、40代が28%、50代以上が37%と、幅広い世代に読まれています。

内外の新聞社が電子版に有料課金方式を採用する流れが続いています。英タイムズ紙が昨年7月に、米ニューヨーク・タイムズ紙は今年3月に導入。国内では朝日新聞社がこの5月に有料電子版を発刊しました。

日経電子版のパソコン向けサイト(http://www.nikkei.com/)はどなたでも閲覧可能。有料会員はすべての記事と機能を利用でき、スマートフォン(高機能携帯電話)用アプリを追加料金なしで使えます。パソコンやスマートフォンから会員登録できます。電子版は100万人を一里塚として、読者のご要望に応え、コンテンツやサービス・機能を拡充していきます。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン