2018年11月16日(金)

統治機構の変革か破壊か、法制局人事の深層
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2013/9/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首相の安倍晋三がしきたりを破った内閣法制局長官の政治任用人事。憲法9条の解釈変更の是非とは別に、国会の多数派を背にする時の政権が行政組織への統制を強める試みともいえる。これは政治主導による官の変革なのか、統治機構の微妙な力の均衡の破壊なのか。「司法」の補助線も引かないと読み解けない。

■危ぶむ「内閣官僚」OBたち

「長官1人の交代で憲法解釈の論理まで変えようとするのはいかがなものだろう。危うい」

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報