グーグルの10型タブレットを触ってみた
透けて見える「全画面制覇」の野望

(1/4ページ)
2012/11/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

「ネクサス10」はやや丸みを帯びた外観デザインを採用した

「ネクサス10」はやや丸みを帯びた外観デザインを採用した

米グーグルがタブレット(多機能携帯端末)で攻勢をかけている。7月に自社ブランドを冠した初の製品「ネクサス7」を米国などで発売したのに続き、11月中旬には画面サイズが大きい「ネクサス10」を追加する。インターネット検索を主力とするグーグルが、不慣れなハードウエアに傾注するのはなぜか。一足早くネクサス10の実機を手に取り、理由を探った。

■強まるアップルとの対決色

10月29日、米サンフランシスコ。米東海岸のニューヨークが大型ハリケーン「サンディ」の接近に身構えるなか、当地は雲ひとつない晴天に恵まれていた。この日、グーグルはニューヨークで基本ソフト(OS)「アンドロイド」に関する記者会見を予定していたが、悪天候のため中止。サンフランシスコのオフィスで小規模な説明会を開いた。

「ネクサス10」について説明する米グーグルの製品管理担当ディレクター、ヒューゴ・バラ氏(10月29日、米サンフランシスコ)

「ネクサス10」について説明する米グーグルの製品管理担当ディレクター、ヒューゴ・バラ氏(10月29日、米サンフランシスコ)

説明会の冒頭、製品管理担当ディレクターのヒューゴ・バラ氏はネクサス7など自社ブランドを冠した製品を通じて「ハード、ソフト、コンテンツの最適な形で融合する」と説明。韓国のLG電子と共同開発したスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「ネクサス4」や無線LANに加えて携帯電話の通信網も活用できるネクサス7を紹介した。

これらに続いて登場したこの日の「主役」がネクサス10だった。7月に発売した7型のネクサス7は価格が199ドル(約1万6000円)から。タブレットの先駆者として君臨する米アップルの「iPad(アイパッド)」(9.7型)とは価格帯、画面サイズともに異なっていたが、ネクサス10の追加により、両社の対決色が一気に強まった。

ネクサス10に搭載する液晶は約409万画素で、「タブレットとしては最も高精細」(バラ氏)。もちろん念頭に置いているのは最新版のiPadに載っているRetina(網膜)ディスプレー(約314万画素)だ。重さはiPadより約50グラム軽く、前面カメラはiPadの120万画素を上回る190万画素。それでいながら価格は100ドル安い。

米グーグルの「ネクサス10」と競合製品の比較
メーカー名グーグル(台湾エイスースと共同開発)グーグル(韓国サムスン電子と共同開発)アップル
製品名ネクサス7ネクサス10iPad(第4世代)
画面サイズ(型)710.0559.7
画素数1280×8002560×16002048×1536
解像度(ppi)216300264
MPU(超小型演算処理装置)エヌビディア・テグラ3(4コア)A15(2コア)A6X(2コア)
カメラ画素数(前面/背面)120万/なし190万/500万120万/500万
基本ソフト(OS)アンドロイドアンドロイドiOS
高さ(ミリ)198.5263.9241.2
幅(ミリ)120177.6185.7
厚さ(ミリ)10.458.99.4
重量(グラム)340603652※
通信方式無線LAN/携帯電話網無線LAN無線LAN/携帯電話網
内蔵メモリー(ギガバイト)16/3216/3216/32/64
価格(ドル)199/249※399/499499/599/699※

※無線LANモデルの重量、価格

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]