身近になる活用ツール、「Hadoop」軸に品ぞろえ充実 ビッグデータ革命(6)

(1/3ページ)
2011/11/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 「ビッグデータ」を活用できる製品やサービスは、米グーグルが開発した技術が基となる無料のオープンソースソフトウエア「Hadoop(ハドゥープ)」[注1]を軸に、品ぞろえが充実しつつある。ペタ(1ペタ=100万ギガ)バイト級の大量データを意味するビッグデータ。インターネット上や社内外にあふれる大量の情報をかき集め、ごく短時間で分析・活用する仕組みを構築できれば、企業は成長のための強力な武器を手にする…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]