/

この記事は会員限定です

誰もやっていないことをやってみよう

スタジオジブリ・プロデューサー 鈴木敏夫氏

[有料会員限定]

日本を代表するアニメ制作会社、スタジオジブリ。2013年11月には全編を同じ手描きのタッチで表現した映画「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)を公開した。アニメに新たな表現手法を導入したジブリの狙いは何か。同社プロデューサーの鈴木敏夫氏に話を聞いた。

――米ピクサーなどが3DのフルCG映像にこだわる一方で、ジブリは手描きのあたたかみにこだわる印象があります。

「技術革新でコンピューターが絵を勝手に描いて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3250文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン