/

この記事は会員限定です

「ウォッチドッグス」ヒットが暗示するゲームの未来

ジャーナリスト 新 清士

[有料会員限定]
 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション(PS)4」など家庭用ゲーム機向けのゲームソフトで、大ヒットを予感させる注目作品が登場した。日本で6月26日に発売された仏ゲーム大手のユービーアイソフトのアクションゲーム「ウォッチドッグス」だ。欧米では5月27日に発売され、1週目に合計400万本以上の販売を記録した。世界中でスマートフォン(スマホ)が爆発的に普及し、スマホゲーム市場が急成長する一方、家庭用ゲームは大手による市場の寡占が進みつつある。家庭用ゲームに注力する欧米ゲーム大手の戦略を探った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4822文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン