/

この記事は会員限定です

永田町アンプラグド 消費税8%、首相の背中押したシリアと五輪

[有料会員限定]

政治の世界では一見、関係のないことが絡み合って空気をつくりだし、物事が決まっていく。首相、安倍晋三が消費税8%を決断した背景にも、二つの出来事があった。シリア問題と、2020年の東京五輪開催。実は7月参の院選の投開票日前後から、外交当局にも「消費増税の慎重論が首相周辺に強い。もし予定通りあげなければ、外交政策上も問題が出てくる」との見方があった。内政と外交が一体なのは洋の東西、時代を問わない。外交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1080文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン