/

この記事は会員限定です

ベネッセが休日改革に挑戦 社員の評価は合格圏?

[有料会員限定]

教育事業大手のベネッセコーポレーション(岡山市)は社員が休日を分散取得できる取り組みを始めた。休祝日に出社する代わりに実験的に平日に休めるようにし、すでにゴールデンウイーク(GW)で実施した。ワークスタイルの多様化が加速するなか、企業競争力の源泉のひとつが「しっかり休むこと」であるのはどこも同じ。運用の難しさに直面しつつ、「休日改革」にチャレンジしている。

準備不足でも大好評

ベネッセで働く小林知子は5月12日月曜日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1780文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン