マイクロソフトの苦悩 自社タブレットで「板挟み」

(1/4ページ)
2013/3/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

日本マイクロソフト(MS)は1日、自社ブランドのタブレット「Surface(サーフェス)」を15日に発売すると発表した。タブレット市場で先行する米アップルや米グーグルに挑む戦略商品との位置づけだ。しかしその販売戦略を見ると、アクセルとブレーキを同時に踏んでいるような、奇妙な状況が見えてくる。Windows陣営を盛り上げたいという願いと、重要なパートナーであるパソコンメーカー各社への配慮とで板挟みになり、積極的な販促ができない苦悩が浮かび上がる。

Surfaceは、カバーを兼ねた着脱式のキーボードを別売りで用意。WordやExcelなどのオフィスソフトも標準搭載し、ビジネスでも使えるとする(1日、東京・港)

Surfaceは、カバーを兼ねた着脱式のキーボードを別売りで用意。WordやExcelなどのオフィスソフトも標準搭載し、ビジネスでも使えるとする(1日、東京・港)

■「Windowsタブレットやパソコンを盛り上げる」

Surfaceは使いやすくデザインも洗練したメーン画面、WordやExcel、PowerPointといったオフィスソフトを導入済みであること、液晶カバーを兼ねた薄型キーボードで文書作成やマウス操作も簡単にできることなどが特徴で、価格は4万9800円からだ。

MSはタブレット、スマートフォン(スマホ)などの分野でアップルやグーグル陣営に先行を許している。パソコンでは引き続き高いシェアを維持しているが、2012年10月に投入したパソコンやタブレット向けの新基本ソフト(OS)「Windows(ウィンドウズ)8」は盛り上がりに欠ける。日本MSとしては、春商戦のピークに合わせてSurfaceを投入し、巻き返しを図りたい考えだ。とはいえ、Surfaceを日本市場に大量投入して売りまくれるかというと、そう単純な話ではない。

日本MSが置かれた複雑な立場を象徴する場面が、1日に開催された製品発表の記者会見でみられた。登壇した日本MSの樋口泰行社長は、スピーチの冒頭で自らこう切り出したのだ。

「なぜMSがハードウエアを出すのか。当社はパソコンで長らくハードウエアメーカーと連携し、ソフトウエアに特化してきた。その路線は今後も変わらない。ただ競争環境上、ソフトとハードの両方を1社でまとめ上げるスピード感が必要になってきた。当社もWindowsのタブレットやパソコンを盛り上げるべく、バリエーションの1つとして発売する」

12年6月、MSが自社ブランドのSurfaceを発表して以来、国内パソコンメーカーの間では「Surface脅威論」が広がっていた。抜群のブランド力に加え、5万円を切る安さで攻められれば、Windows8を機にパソコン事業を立て直し、平均単価の引き上げをもくろむ各社は大きな痛手を受ける。Surfaceを警戒するのは当然といえる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

タブレットを読み解く人気記事


電子版トップ



[PR]