2018年12月16日(日)

14年に都内2位のビル誕生 名称は「虎ノ門ヒルズ」

2013/3/1付
保存
共有
印刷
その他

虎ノ門ヒルズ(写真:森ビル)

虎ノ門ヒルズ(写真:森ビル)

港区虎ノ門1丁目で森ビルが特定建築者として建設中の環状二号線III街区プロジェクトが2013年3月1日に上棟し、名称が「虎ノ門ヒルズ」に決定した。2014年の完成をめざす。

森ビルの辻慎吾社長は上棟式で、虎ノ門ヒルズを「国際戦略総合特区の新しいシンボルになる」と位置づけ、「世界の企業やプレーヤーをどんどん呼び込み、国際ビジネスのハブとなることが、このビルの役割だ」と話した。

虎ノ門ヒルズは、立体道路制度の活用により、環状二号線の整備と一体的に開発された大規模複合プロジェクト。

超高層棟は地上52階地下5階建て、高さ247メートルで、東京ミッドタウンに次いで都内2番目の高さとなる。

延べ床面積は24万4360m2(平方メートル)。低層部は駐車場や店舗、地上4階~5階がカンファレンス施設、6階~35階がオフィス、37階~46階が住宅、最高層の47階~52階は、日本初進出となるハイアット ホテルズの高級ホテル「アンダーズ 東京」となる。

虎ノ門ヒルズの概要
 所在地:港区虎ノ門1-26(住居表示)、最寄り駅:地下鉄虎ノ門駅徒歩7分、面積:土地1万7069m2(平方メートル)/延べ床24万4360m2、構造:鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造、用途:事務所・住宅・ホテル・店舗・カンファレンス・駐車場、事業主:東京都、特定建築者:森ビル、設計者:日本設計、施工者:大林組、完成時期:2014年

(日経不動産マーケット情報編集部)

[ケンプラッツ 2013年3月1日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報