/

この記事は会員限定です

消費増税の陰で忘れられる2つの「自由化」

(竹中平蔵の眼)

[有料会員限定]

6月26日の衆院本会議で消費税の増税を含む一連の法案が可決された。消費増税の決定とそれをめぐる政局の混乱で、ニュースは埋め尽くされている感がある。しかしその陰で、重要な問題の決定が引き延ばされていることが懸念される。一つは環太平洋経済連携協定(TPP)、つまり貿易、そしてもう一つは電力。2つの重要な「自由化」が忘れられている。

最重要課題だったはずのTPP

TPPは野田内閣が取り組むべき最重要課...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1086文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン