社会・民社党の創設者 西尾末広(5) 社会党結成に奔走、書記長に
特別編集委員 安藤俊裕

(1/4ページ)
2010/11/7 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1945年(昭和20年)8月15日、西尾末広は終戦の玉音放送を大阪の住友銀行住吉支店で聞いた。2000円の預金を引き出すため、たまたまいたのである。西尾は玉音放送を聞いて「これからの祖国再建を担うのはわれわれ無産政党と労働組合だ。速やかに再建しなくては」と決意した。その日の内に京阪電車に乗って京都四条の水谷長三郎の家を訪ねた。西尾は社会主義政党と労働組合の結成が急務であると水谷に説いたが、水谷の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

これまでの「政客列伝」

電子版トップ



[PR]