2018年11月19日(月)

新藤総務相が靖国神社参拝 中韓反発に拍車も

2014/1/1付
保存
共有
印刷
その他

新藤義孝総務相は1日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。昨年末の安倍晋三首相の参拝には米国も「失望」を表明しており、A級戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社への閣僚参拝を批判してきた中国や韓国の反発に拍車が掛かりそうだ。

安倍政権発足後、新藤氏は昨年4月と終戦記念日の8月15日、10月に参拝しており、今回で少なくとも4回目。

古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相は計3回、麻生太郎副総理兼財務相が4月、稲田朋美行政改革担当相も4月と終戦記念日に参拝した。安倍政権では閣僚の参拝が続いている。

新藤氏は昨年12月26日の記者会見で、靖国神社に初詣する意向を示した上で「先達に敬意を表すのは自然なことだ」と強調していた。太平洋戦争末期の激戦地・硫黄島(東京都小笠原村)で旧日本軍を率いて戦死した栗林忠道中将は新藤氏の祖父。

安倍首相は昨年末の参拝後、「中国、韓国の人の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」として両国首脳に直接説明したいとの考えを示している。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報