Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ゲームの未来を変えるか 注目の仮想現実デバイス
ジャーナリスト 新 清士

(1/4ページ)
2013/8/4 7:00
共有
保存
印刷
その他

 ゲーム業界で今、脚光を浴びている新型デバイスがある。バーチャルリアリティー(仮想現実)を手軽に実現する米オキュラスVR(カリフォルニア州)の「オキュラスリフト」だ。頭に装着して自分の両目を覆うヘッドマウントディスプレーで、ゲームなどに使うと臨場感のある3D映像が楽しめる。映像世界への圧倒的な没入感が大きな魅力だ。今までにない新たな魅力をゲームにもたらす存在になれるのか。筆者のデモ体験を交えて検証した。

■資金を募集、目標の10倍近い金額に

オキュラスVRの公式ページ。画像の人物が顔に着けているのが「オキュラスリフト」
画像の拡大

オキュラスVRの公式ページ。画像の人物が顔に着けているのが「オキュラスリフト」

 オキュラスリフトをパソコンに接続して頭にかぶり、対応した3D(3次元)映像のソフトを再生すると、目の前にリアルで臨場感のある3Dの立体映像の世界が広がる。ヘッドホンから聞こえる音声により映像の中にいるという感覚が一段と高まる。今までの3D映像でつくられた既存のゲームを比較的容易に対応させられる点も特長だ。

 オキュラスリフトが業界関係者の注目を集めるきっかけは2012年6月に米ロサンゼルスで開かれたゲーム展示会「E3(エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ)」への出展だった。これまでのゲームにはない臨場感のある3D映像が体験できるとして大きな話題になった。その後、小口で投資資金を集めるクラウドファンディングのサービス「キックスターター」を活用して製品化に乗り出した。

 キックスターターは資金募集時に目標金額を決め、一定期間内に一般の人から資金を集める仕組み。オキュラスVRは昨年8月1日から9月1日までの1カ月を募集期間とし、目標金額を25万ドルと設定したが、実際には目標の10倍近い243万ドルもの資金が集まった。

 投資金額は完全な募金といえる10ドル、Tシャツがもらえる35ドルなど様々な設定がされ、最高は5000ドル。このうち最も多くの人数を集めたのが300ドルの投資で5640口だった。300ドル以上投資すると、初期バージョンのオキュラスリフトと3D立体視に対応した人気ゲームを手に入れる権利が与えられるという特典が付いていたためだ。

オキュラスVRがキックスターターで資金募集を行ったページ。画像は創業者のパーマー・ラッキー氏
画像の拡大

オキュラスVRがキックスターターで資金募集を行ったページ。画像は創業者のパーマー・ラッキー氏

 こうして、南カリフォルニア大学でバーチャルリアリティーを実現するハードウエアを研究してきた20歳の若き起業家パーマ・ラッキー氏が誕生した。今年6月にはベンチャーキャピタルから1600万ドルの資金を受けるなど、投資家もオキュラスリフトに熱い視線を注いでいる。

■過去のゲームにない圧倒的な没入感

 筆者は5月にシンガポールで開かれたゲーム商談会「カジュアルコネクトアジア」でオキュラスリフトを実際に体験し、そのすごさに驚いてしまった。マレーシアの大学生が出展していたゲームのプロトタイプを使ったデモンストレーションだった。

 デモは、建物の中で銃を持って歩き回っている敵に見つからないよう背後から近づき、敵を倒しながら通路を進んでいくという内容だ。頭にオキュラスリフトをセットすると、目の前にはリアルな3D立体視の空間が広がり、周囲の奥行きがはっきりと感じられる。首を動かすと、それに合わせて画面も同じ方向の映像になる。上を向くと天井、下を見ると床が見える。デモで印象に残ったのは、映像世界への圧倒的な没入感だった。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 4ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

図1 タイムズスクエアのブロードウエーを北側から見る。左は改良前、右は改良後(写真:Bloomberg Associates)

NY「ストリート大改造」 交差点改良で事故3割減 [有料会員限定]

 車道を廃止して歩行者空間に――。米ニューヨーク(NY)市でこうした取り組みが相次いでいる。2016年末には「世界の交差点」であるタイムズスクエアに延べ1万m2(平方メートル)の広場が完成した。「道路…続き (9/15)

VR体験のイメージ。ゴーグル型のヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」を装着してプランを体感してもらう。VRの体験者が見ている映像は、打ち合わせの同席者もディスプレー上で確認することができる(資料:フリーダムアーキテクツデザイン)

1億円超の邸宅建設 VRで「イメージギャップ」解消

「こんなはずじゃなかった」――。建て主からのそんな声を減らすためのコミュニケーションツールとして、VR(仮想現実)を活用する動きが活発になっている。設計事務所のフリーダムアーキテクツデザイン…続き (9/6)

図3 後退時に前方側面に接触の恐れを検知した場合の表示例。(1)や(2)のように、駐車のために後退している場合は通常はリアのビューを右画面に表示しているが、(3)のようにその他の部分での接触の恐れが高まったときには、危ないところが良く見えるようなビューに自動で切り替える

危ない箇所に映像自動切り替え、次世代の駐車支援 [有料会員限定]

 車両の周囲をモニター画面に映し出し、駐車時の運転者による安全確認を支援する「全周囲モニター」。ドイツBoschは、同モニター向けに、接触の危険がある部分がよく見える視点(ビュー)に表示を自動で切り替…続き (9/20)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月21日(木)

  • 貯金できない人をサポート!! マネーフォワードが貯蓄アプリ「しらたま」を提供開始 (1) 「しらたま」のサービス内容とは?
  • 先生の役割は「指導」から「進捗管理」へ―高校生向け学習記録SNS「Studyplus」
  • 三井住友FGが取り組むデジタルイノベーションとは? 「目指すのは、明日の金融にサプライズを起こすこと」 APIの公開やスタートアップを含めた連携、そして渋谷へのイノベーション拠点開設など……

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト