ムツゴロウ伝統漁守る 転身の後継者、干潟への誓い

(1/7ページ)
2013/8/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

干満差6メートル、日本最大の干潟を持つ有明海。そこにすむ珍魚、ムツゴロウをかぎ針に引っ掛けて釣る江戸時代からの伝統漁法「むつかけ」が沿岸部に伝わる。最盛期は昭和40年代で、佐賀県鹿島市には60人ほどのむつかけ師がいた。食習慣の変化などから今では7~8人となり、高齢化も進む。そんななか、30年ぶりの若手後継者が突如、現れた。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ほっとニュースphoto

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]