/

将棋王座戦第3局 羽生王座が19連覇

19連覇を達成した羽生王座(29日夜、神奈川県秦野市)

将棋の羽生善治王座(40)が29日、19連覇を達成した。自身の持つ同一タイトルの連覇記録を更新した。

同日朝から神奈川県秦野市の「陣屋」で指されていた第58期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)の五番勝負第3局は、先手の羽生王座が午後10時1分、111手で挑戦者の藤井猛九段(40)を下し、3連勝で防衛した。

羽生王座の3連勝によるストレート防衛は2005年の第53期以来、6期連続となった。今回の王座防衛でタイトル獲得は通算78期となり、大山康晴十五世名人の持つ歴代最多記録の80期まであと2つと迫った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン