/

この記事は会員限定です

永井さんお薦めの哲学書

[有料会員限定]

本紙朝刊文化面に「哲おじさんと学くん」を連載中の哲学者、永井均さんは「哲学的な思考をみにつけるには、いい哲学書をしっかり読むこと」と言う。おすすめの哲学入門書を挙げてもらった。

海外の哲学書では、バートランド・ラッセルの『哲学入門』(ちくま学芸文庫)。原題が「ザ・プロブレムス・オブ・フィロソフィー」とあるように「文字通り、哲学の諸問題をバランスよく取り上げている」という。

国内の近刊では、今年7月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り350文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン