2018年12月10日(月)

羽生が王座防衛 通算21期、同一タイトル最多

2013/10/21付
保存
共有
印刷
その他

将棋の第61期王座戦5番勝負で、通算21期目の王座を獲得した羽生善治王座(21日)

将棋の第61期王座戦5番勝負で、通算21期目の王座を獲得した羽生善治王座(21日)

21日朝から甲府市の常磐ホテルで指されていた第61期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)五番勝負の第5局は、午後8時45分、103手までで先手の羽生善治王座(43、王位・棋聖)が挑戦者の中村太地六段(25)を破り、3勝2敗でタイトルを防衛した。これで羽生王座は王座獲得が通算21期。大山康晴十五世名人の持つ王将20期を上回り、同一タイトル獲得数の歴代最多記録を打ち立てた。

羽生王座は今回の防衛で来期五番勝負への登場も確定。王座戦五番勝負登場は来期で23年連続となり、自身が持つ同一タイトル戦連続登場記録も更新した。

期待の新鋭・中村六段は先に2勝をあげ自身初のタイトルまであと一歩と迫ったが、わずかに及ばなかった。


保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報