ネアンデルタール人は何者か

2014/7/13 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

以前、金印の真偽判定に、目立たぬところを少し削り取って微量元素組成を解析する案を書いたが、現実的には天下の国宝に傷をつけるなど到底許されるはずはない。ところが同じようなことが、激しい抵抗をはねのけて行われた結果、驚くべき知見がもたらされることになった。

1856年、ドイツのデュッセルドルフ近郊のネアンデル谷(タール)の洞窟で奇妙な化石が発見された。人骨にしては猿に近く、猿にしてはヒトに近かった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]