/

この記事は会員限定です

ネアンデルタール人は何者か

[有料会員限定]

以前、金印の真偽判定に、目立たぬところを少し削り取って微量元素組成を解析する案を書いたが、現実的には天下の国宝に傷をつけるなど到底許されるはずはない。ところが同じようなことが、激しい抵抗をはねのけて行われた結果、驚くべき知見がもたらされることになった。

1856年、ドイツのデュッセルドルフ近郊のネアンデル谷(タール)の洞窟で奇妙な化石が発見された。人骨にしては猿に近く、猿にしてはヒトに近かった。人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り572文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン