/

北朝鮮ミサイル失敗、洋上に落下 政府「日本影響なし」

【ソウル=尾島島雄】北朝鮮は13日午前7時40分ごろ「人工衛星」と主張する事実上の長距離弾道ミサイルを、北西部で黄海側の東倉里(トンチャンリ)から発射した。日米両国政府は発射1分余りで洋上に落下したことを確認。打ち上げは失敗し、黄海上に落ちたもようだ。日米のミサイル防衛(MD)は迎撃しなかった。藤村修官房長官は記者会見で「落下物などによるわが国への影響は一切ない」と説明した。日米など関係国は自制要求を無視した発射強行に批判を強めており、国連安全保障理事会は緊急会合を招集して対応を協議する。

発射の情報は韓国政府が最も早く公表した。国防省報道官が午前8時ごろ「北朝鮮がミサイルを発射した」と発表し、米政府筋もこれを確認。日本は田中直紀防衛相が午前8時20分ごろに記者会見し「7時40分ごろに北朝鮮から何らかの飛翔(ひしょう)体が発射されたとの情報を得ている。1分以上飛行し、洋上に落下したとみられる」と説明した。

政府は午前8時40分から安全保障会議を開いて情報を確認し、今後の対応について協議した。

北朝鮮は国際海事機関に12日から16日の午前7時から正午にかけての打ち上げを通報。発射したミサイルは全長30メートル。2009年4月に発射した「テポドン2号」改良型をさらに修正したタイプとみられている。

人工衛星の一般的なルートには北極と南極の上空を通る「極軌道」がある。北朝鮮は平和利用を装って国際社会の批判をかわす狙いもあり、日本列島を飛び越える東ルートを避けて同軌道に乗せやすい南に向かって打つ経路を選んだもよう。

防衛省は米国の早期警戒衛星が午前7時40分ごろ、情報を確認したと発表した。それによると「発射場所は北朝鮮西岸、発射方向は南、発射数は不明」で「発射の後、数個に分かれたもよう」としており、原因は不明だが、バラバラに空中分解したとの見方が出ている。

破片などによる被害はなかったとみられる。北朝鮮はミサイルの1段目が韓国西部の辺山半島から140キロの海上に、2段目はフィリピン東方190キロの海上に落ちると通報していた。

北朝鮮は発射中止を求める国際社会の要請を振りきって強行した。批判を強める日米韓などは国連安保理の緊急会合開催を求める方針。主要8カ国外相は12日閉幕した会合で、北朝鮮が発射を強行した場合「追加手段」を講じると明記した議長声明を採択しており、安保理の議論では、北朝鮮の後ろ盾である中国の出方が焦点となる。

北朝鮮は11日に開いた党代表者会で、新指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏を党第1書記という新設の最高指導者ポストに選出。13日に最高人民会議、15日には故金日成主席の生誕100年を迎える。一連の行事とミサイル発射を連動させることで科学技術力を備えた強国であると内部に強く宣伝し、正恩氏の求心力を高めようとしていた。

北朝鮮は3回目の核実験の準備も進めている。北東部の豊渓里(プンゲリ)で過去2回の核実験の際に使ったものとは別の坑道の掘削作業が最終段階に入ったことが衛星写真の分析から明らかになっている。北朝鮮は09年4月にミサイルを発射し、5月に2回目の核実験を強行した。今回も同様の手法で危機を高める可能性があると指摘されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン