2019年7月18日(木)

高金利通貨はずっと上昇する? 外貨投資の誤解(1)
編集委員 田村正之

(1/4ページ)
2010/5/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

「日本円のように金利の低い通貨で運用していても資産は増えません。金利の高い外貨建て資産に投資しておくことが大事です。高金利通貨は人気が集まって通貨価値が上昇しがちなので、金利差だけでなく為替差益も期待できるかもしれません」

金融機関や投資セミナーなどでは、こうした趣旨の説明を受けることが多い。「なるほどな」とつい思ってしまう。しかし実は、長期で見れば過去、必ずしもそうなってはいないことも知っておきたい。外貨の方が金利が高くても、いずれ投資先通貨の為替が下落して(円高になって)しまい、金利差が吹き飛んでしまうことがおうおうにして起きている。

まず、投資助言会社のイボットソン・アソシエイツ・ジャパンの山口勝業社長が作成したグラフA~Dを見てみよう。1985年から2009年の長期間、米国やオーストラリアの長期金利はほぼ一貫して日本よりはるかに高い状況が続いてきた(グラフA)。最近は米国は低金利政策を取っていて短期金利は日本と変わらないが、長期金利は引き続き日本より高い。その結果、グラフBでは、米国、豪州の国債に投資した場合の現地通貨ベースでの累積リターンが、日本の国債に投資するのに比べてはるかに上回っているのが分かる。


こうしたグラフを見ると「やはり金利の高い外貨で運用しなくては」と思いたくなる。国内最大の投資信託「グローバル・ソブリン・オープン」をはじめ、多くの外債投信が人気なのはこうした金利差の魅力だろう。

しかし、重要なのは為替レートだ。現地通貨ベースで、例えば当初の1万ドルが2万ドルに増えても、当初1ドル=200円だったのが1ドル=100円に円高になってしまえば、円に戻した価値は当初の1万ドル×200円の200万円から、2万ドル×100円の200万円となり、結局変わらない。

→次ページでは為替レートを考慮したリターンを検証

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

これまでの連載

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。