/

この記事は会員限定です

最初の配属は松江、札・硬貨の勘定からスタート

コンビニATMを極める(3)

人間発見 セブン銀行会長 安斎隆さん

[有料会員限定]
  日銀に入行して半年後、松江支店に配属された。お札や硬貨の勘定が仕事だった。

紙幣と硬貨の鑑査をする発券課が配属先です。水浸しになった紙幣や火事で焼けた硬貨を数えました。数え終わっても信用はしてもらえず、ベテランが数え直すのです。天下国家のために日銀に入ったにもかかわらず、現実とのギャップの大きさにショックを受けました。支店に出る前に所属していた経理局の局長に元気にスタートしましたという手紙を書...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1418文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン