2019年2月19日(火)

河村市長「大きな流れ作らないと」 嘉田新党合流で

2012/11/29付
保存
共有
印刷
その他

新党「日本未来の党」(代表・嘉田由紀子滋賀県知事)に合流する河村たかし名古屋市長は28日、名古屋市役所で記者団に「小選挙区では大きな流れを作らないといけない」と第三極として勢力結集の必要性を改めて強調するとともに、衆院選の公示を前にして続いた党名変更に理解を求めた。

河村市長は自身と亀井静香前国民新党代表、山田正彦元農相、減税日本の前衆院議員で「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(脱原発)を結成すると22日に発表したばかりだった。

10月に国政政党化した減税日本で代表、脱原発でも共同代表だった河村市長だが、新党での新たな役職は未定。問い合わせをしても返答がないといい、河村市長は「何でもやらせていただきます」と語った。

河村市長は自身の衆院選不出馬と、来年4月まで市長職にとどまる意向を表明している。衆院選では未来の党の候補者の応援に回る。

減税日本は国政政党としては解党し、地域政党として活動を続ける。河村市長は「原発は国民の命を、増税は生活そのものを傷つける」と話し、衆院選では減税政策も引き続き訴える考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報