/

再審請求棄却に弁護団が異議 名古屋刑務所の放水死

名古屋刑務所で2001年、男性受刑者が消防用ホースで放水を受けて死亡した事件で、特別公務員暴行陵虐致死罪などで有罪判決が確定した桜井(旧姓乙丸)幹夫・元刑務官(57)と高見昌洋・元刑務官(54)に対する名古屋高裁の再審請求棄却決定について、弁護団は28日、同高裁に異議を申し立てた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン