/

三重交通、路面電車再現したバス運行 7月3日から伊勢市で

三重交通は、かつて伊勢神宮周辺を走っていた路面電車を再現したバスを7月3日から運行する。運行開始に先立って28日、報道陣に公開した。

1961年に廃止された「神都(しんと)線」の電車をモデルにした「神都バス」で、約5400万円かけて改装。独特の丸い屋根や集電ポール、木を多用した内装など細部まで再現した。

伊勢市駅と外宮、内宮を結ぶルートを1日5往復する。今年は神都線の開業110年にあたり、10月に伊勢神宮の「式年遷宮」がヤマ場を迎えることから"復活"することを決めたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン