トヨタ、セダンの燃料電池車を発売へ 700万円
14年度中に

2014/6/25付
保存
共有
印刷
その他

セダンタイプの燃料電池自動車を発表する加藤副社長(25日午後、東京都江東区)

セダンタイプの燃料電池自動車を発表する加藤副社長(25日午後、東京都江東区)

トヨタ自動車は25日、2014年度中にセダンタイプの燃料電池自動車(FCV)を発売すると発表した。本体価格は700万円程度を想定しており、当面は首都圏や愛知県、大阪府など水素ステーションのある地域周辺に限定して売り出す。15年夏をメドに欧米でも販売を始める計画。

現在開発中のFCVは一回の水素燃料の補給で走れる距離が約700キロメートル、水素のフル充填にかかる時間は3分程度でガソリンエンジン車とほぼ同水準になる。

トヨタ、2014年度中に燃料電池自動車を発売。想定価格は700万円程度

トヨタ、2014年度中に燃料電池自動車を発売。想定価格は700万円程度

FCVは酸素と水素を反応させて電気を起こすことで走るため、走行中には水しか排出せず「究極のエコカー」と呼ばれる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]