/

世界最高齢ボンゴ「マツ」死ぬ 名古屋・東山動物園

名古屋市の東山動物園は25日、飼育していた世界最高齢の雌のボンゴ「マツ」が老衰で死んだと発表した。22歳で、人間だと100歳を超えるという。ボンゴはウシ科の草食動物で、同園で育った最後の1頭だった。

動物園によると、マツは同園で生まれ育った。今年夏ごろから室内と運動場の移動を嫌がるようになり、今月初めには部屋にこもることが多くなったため、展示をやめて室内で治療に専念していた。25日朝、死んでいるのが見つかった。

獣医師の黒辺雅実さんは「22年間頑張ってくれて感謝の気持ちでいっぱい。たくさんの人にかわいがられた」と話した。

ボンゴはアフリカに生息。音に極めて敏感に反応するため「森林の魔術師」の異名を持ち、四大珍獣に数えられることもある。国内で飼育されているのは富士サファリパーク(静岡県裾野市)の2頭だけになった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン