警察が突入、男の身柄確保 豊川信金立てこもり
人質の4人は無事

2012/11/23付
保存
共有
印刷
その他

愛知県豊川市の豊川信用金庫蔵子支店で、刃物を持った男が女性客や職員らを人質に取り立てこもった事件で、愛知県警は23日午前3時8分、信金に突入し、男の身柄を確保した。人質となっていた4人は無事という。事件は発生から約13時間ぶり解決に向かい、県警は身元の確認や動機の解明などを進める。

県警の捜査員は23日午前2時半ごろから、信金裏口近くなどに集結。午前2時45分ごろ、信金2階の小窓から捜査員6~7人が突入した。

男は22日午後2時18分ごろ、同支店に刃物を持って押し入り、立てこもった。人質となったのは、客として訪れた同市の女性(48)、男性支店次長(41)と19歳と27歳、55歳の女性職員3人。午後9時半すぎに女性客が解放されたが、男は引き続き立てこもっていた。

県警によると、男は当初、報道関係者を呼ぶことや、野田佳彦首相の退陣を求めるような要求を口にしていた。男は自分を「32歳」などと話していたという。

また、男は10人分の食料や飲み物、たばこ、拡声器を求め、夜になると外を照らす投光器も要求した。県警は男に食事などを与えるとともに、人質を解放するよう説得に当たっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]