2019年1月17日(木)

三重知事選、津市長が出馬へ 民主県連が要請

2011/2/22付
保存
共有
印刷
その他

津市の松田直久市長(56)は21日の定例記者会見で、4月10日投開票の三重県知事選について「(立候補を)熟考したい」と述べ、立候補に前向きな姿勢を表明した。16日に民主党県連が出馬要請した際は「市長職に専念したい。固くお断りする」と固辞したが、県内の市町長らの説得を受け、出馬の意向を固めた。

市長は記者会見で「各首長はじめ様々な分野の方々から出馬要請を受けており大変光栄なこと。熟考して明後日(23日)には決断してご報告したい」と話した。策定中の市の2011年度予算については「市民生活に影響が出ないよう配慮する」と語った。

三重県知事選を巡っては2期8年を務める野呂昭彦知事が不出馬を表明。民主党は高橋千秋参院議員(三重選挙区)にも立候補を要請したが断られており、松田氏に絞って調整を進めていた。民主党県連は26日に津市で開く年次総会で松田氏擁立を機関決定する方向。

松田氏は津市出身。北川正恭前知事の衆院議員時代の秘書や県議を経て06年の津市長選で初当選。現在2期目。

三重県知事選では自民党とみんなの党が推薦する元経済産業省課長補佐の鈴木英敬氏(36)が無所属での立候補を表明。共産党も独自候補を立てる見通し。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報