/

三重 民主の高橋氏「党に拒否反応」

「『民主』というだけで拒否反応があった」。三重選挙区で自民新人に競り負けた民主現職の高橋千秋氏(56)は、津市の選挙事務所で支持者に頭を下げた。

午後10時前に落選の報が伝わると、事務所は大きなため息。高橋氏は「かつてないほど一生懸命戦った。私の力不足」と悔しがった。その横には岡田克也前副総理が、疲れ切った表情で寄り添った。

高橋氏は参院議員としての3期13年の実績を強調。議席を死守しようと、選対本部長に就いた岡田氏が地元に張り付き"どぶ板選挙"を展開。海江田万里代表や野田佳彦前総理ら幹部も応援に駆けつけたが、およばなかった。

岡田氏は「13年間真面目に仕事をしてきた政治家を失ったのは非常に残念」と高橋氏をねぎらうとともに、「アベノミクスに対する期待感と戦っていた。(成長戦略などの)『3本の矢』が実際には機能していないことを伝えきれなかった」と唇をかんだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン