/

「すき家」強盗容疑で男逮捕 岐阜県警、他の3件も関与か

岐阜県警は19日、牛丼店「すき家」に押し入り現金を奪ったとして、強盗の疑いで、岐阜市茜部大野、建築作業員、西部庄大容疑者(27)を逮捕した。

逮捕容疑は昨年11月10日未明、同市南鶉5、すき家岐阜南鶉店で、女性店員(53)に包丁を突き付けて「金を出せ」と脅し、レジと金庫から売上金約15万5千円を奪った疑い。

岐阜、愛知両県などではすき家を狙った強盗事件が相次ぎ発生しており、西部容疑者はすき家の別の3件の強盗事件への関与を認めているといい、県警が裏付けを進めている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン