/

旭化学工業、電動工具向け樹脂部品を増産 中国の工場増強

プラスチック成型加工の旭化学工業は電動工具向けのプラスチック部品を増産する。中国・江蘇省の工場に成型用の工作機械を増強し、2011年3月ころまでにプラスチック部品の生産能力を1割引き上げる。投資額は約1億円。中国では建設市場の拡大などで電動工具の需要が伸びており、現地の日系メーカーからの要請に対応する。

増強するのは江蘇省の全額出資会社「旭日塑料制品(昆山)」の工場。電動工具のモーター保護部品、ハンドル部分などのプラスチック部品を生産している。中国でのプラスチック部品の売上高は10年8月期実績で約15億円。プラスチック成型機、金型の設計ソフト、金型製作用の工作機械などの生産設備を増強することで、11年8月期に約17億円の売上高を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン