名古屋市、ノロウイルスで警報 患者200人突破

2012/12/15 1:53
保存
共有
印刷
その他

名古屋市は14日、ノロウイルスが原因で下痢や嘔吐(おうと)を繰り返す食中毒に関して11月に発令した注意報を「警報」に引き上げた。同ウイルスによる食中毒(9月1日~12月13日)は名古屋市で5件、患者数は213人。同時期で7件、388人だった2006年以来の多さで、市は手洗いや食品の十分な加熱などの徹底を呼びかける。

ノロウイルスはヒトの小腸で増殖し、感染性胃腸炎を引き起こす。中心温度85度で1分以上加熱すれば死滅するものの、「アルコールや逆性せっけんはそれほど効果がない。幼児や高齢の方は特に注意してほしい」(市食品衛生課)。

名古屋市は11月16日にノロウイルス食中毒注意報を発令。12月14日に発令した警報の期間は21日まで。22日以降は自動的に注意報に戻って来年3月末まで効力が続く。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]