/

この記事は会員限定です

賃貸住宅、契約ご用心 予期せぬ費用、曖昧な契約書

[有料会員限定]

春の引っ越しシーズンが間近に迫るなか、賃貸住宅の契約を巡るトラブルが後を絶たない。敷金・礼金とは別の費用が請求されたり、契約書に誤解を招くような表現が使われていたり。国は賃貸住宅管理業者の登録制度を新たに設けるなどトラブル防止に向けた対策を打ち出しているが、効果はいまひとつなのが現状だ。

愛知県の県民生活プラザには、賃貸住宅を巡る相談が年間150~200件程度寄せられている。宅地建物取引業法を所管...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン