2018年2月26日(月)

賃貸住宅、契約ご用心 予期せぬ費用、曖昧な契約書

2014/3/1付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 春の引っ越しシーズンが間近に迫るなか、賃貸住宅の契約を巡るトラブルが後を絶たない。敷金・礼金とは別の費用が請求されたり、契約書に誤解を招くような表現が使われていたり。国は賃貸住宅管理業者の登録制度を新たに設けるなどトラブル防止に向けた対策を打ち出しているが、効果はいまひとつなのが現状だ。

 愛知県の県民生活プラザには、賃貸住宅を巡る相談が年間150~200件程度寄せられている。宅地建物取引業法を所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報