/

自民愛知県連、会長ら執行部が総退陣表明

知事選大敗で

自民党愛知県連会長の鈴木政二参院議員は13日、愛知県知事選挙で県連推薦した候補者が前自民党衆院議員の大村秀章氏に大敗した責任をとり、会長を辞任すると表明した。現執行部の幹部十数人も総退陣する。県連は近く新会長の選考委員会を立ち上げ、新体制の発足を急ぐ。

鈴木会長は名古屋市内で同日開かれた県連の会合で辞意を表明。会合後、記者団に「(知事選で大敗した)責任の所在を示すために、辞職は当然。今後は新執行部体制で一枚岩となって、名古屋市議選や愛知県議選を勝ちに行きたい」と述べた。

県連は知事選に出馬した大村氏の除名処分を党本部に申請するなど、同氏と対立。知事選後も鈴木会長は4月の統一地方選まで続投する意向を示していた。しかし、現執行部に対する引責辞任や、新体制による大村氏との融和を求める声が強まっていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン