/

米テスラ、都内に直営店 トヨタ社長に電気自動車贈る

テスラ・モーターズから贈られた電気自動車にトヨタの豊田章男社長が試乗

テスラ・モーターズから贈られた電気自動車にトヨタの豊田章男社長が試乗

電気自動車(EV)ベンチャー、テスラ・モーターズ(カリフォルニア州)のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が来日し、資本・業務提携を結ぶトヨタ自動車の豊田章男社長へテスラのスポーツタイプEV「ロードスター2.5」を12日贈呈した。マスクCEOは「我々の友情、企業としての協業の発展を意味する」と語った。

贈呈式はテスラがアジアで初めて設置した都内の直営店で開催した。豊田社長は「(提携関係が)これからよいストーリーになる。今後もマスクさんと未来のクルマづくりを色々進めていきたい」と語った。

テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEO(右)から新型ロードスターを贈られたトヨタ自動車の豊田章男社長(12日午後、東京都港区)

トヨタとテスラは今年5月に提携を発表、共同開発車を2012年に米国で発売する予定。トヨタは、17日から米ロサンゼルスで開催されるLAオートショーに、スポーツ多目的車(SUV)「RAV4」をベースにテスラと共同開発しているEVのコンセプトモデルを出展する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン