/

ドコモ情報漏洩、元登録社員に有罪判決 名古屋地裁

NTTドコモ契約者の個人情報を漏洩したとして、不正競争防止法違反(営業秘密侵害)罪に問われた、人材派遣会社元登録社員、白石大介被告(42)の判決公判が5日、名古屋地裁であった。室橋秀紀裁判官は懲役1年8月、執行猶予4年、罰金100万円(求刑懲役2年6月、罰金200万円)を言い渡した。

判決理由で室橋裁判官は「収入に見合わない飲食や投資を続けるための金銭を得ようと、犯行に及んだ」と指摘。「自ら探偵業者に顧客情報の売却を持ちかけて日常的に犯行を繰り返しており、刑事責任は軽視できない」とした。

判決によると、白石被告は2010年10月~11年10月、ドコモ子会社が運営する携帯電話機の補償サービス受け付けセンター(東京都立川市)に派遣されていた際、契約者情報を管理する端末にアクセス。契約者3人の固定電話番号などの個人情報を書き写し、探偵業者に電子メールで送信した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン