/

Jトラスト恩田氏がFC岐阜社長に

サッカーJ2のFC岐阜の新社長に、大手スポンサーの金融・不動産業Jトラストの恩田聖敬氏(35)が就任する見通しとなった。24日の株主総会で取締役に選任され、その後の取締役会で正式決定する。薫田大二郎社長(68)は代表権のない取締役に退く。

恩田氏は岐阜県山県市出身。2004年にネクストジャパン(12年にJトラストが吸収合併)に入社。Jトラストグループのアミューズメント施設運営会社「アドアーズ」の常務を務めた経験がある。

Jトラストでは、岐阜市出身の藤沢信義社長(44)がFC岐阜に多額の資金援助をしている。今季からユニホームスポンサーになったが、株主にはなっていない。FC岐阜は「今のところ、Jトラストが新たに出資する予定はない」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン