/

中部各地で猛暑日 岐阜・揖斐川町、全国最高36.3度

中部3県は1日、高気圧に覆われ気温が上昇した。岐阜県揖斐川町で最高気温が36.3度を記録し、群馬県館林市と並んで全国最高となるなど、各地で今年初めての猛暑日となった。一足早い真夏の訪れに、街中では日傘を差したり、水分を取ったりして、少しでも涼を取ろうとする姿が目立った。

気象庁によると、猛暑日を観測したのは全国27地点。真夏日も404地点にのぼった。

各地の気温は、岐阜県多治見市で36.2度、岐阜県美濃市で36.0度、三重県松阪市で35.4度、愛知県愛西市で35.3度など。名古屋市も34.9度だった。

各地の消防によると、全国で400人以上が熱中症とみられる症状で病院へ搬送された。新潟県で高齢の女性が死亡したほか、スポーツや農作業をしていて体調を崩す人が相次いだ。中部では、愛知県犬山市でダンスイベントに参加した10~20代の男女7人が不調を訴え、岐阜県可児市のゴルフ場ではキャディーの女性(19)が倒れた。

名古屋地方気象台によると、高気圧に覆われて日照が続いたうえ、風がほとんど吹かないなど、気温が上がる条件がそろっていたため、多くの地点で今年最高を記録する暑さになったという。中部3県は2日も晴れて、30度を超える地点もある見込みという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン