/

この記事は会員限定です

道経連・道庁、食産業の一大拠点構想を戦略特区へ提案

[有料会員限定]

政府が検討する「国家戦略特区」の指定を目指し、北海道経済連合会と道庁がまとめた提案の概要がわかった。日本の成長戦略には食関連産業が大きく寄与するとし、1次産業の資源が豊富な北海道で大胆な法人減税や規制緩和、財政支援を集中して投入するよう求める。アジアなどへの輸出拠点として道の産業基盤を強化し、政府が掲げる農産物の輸出拡大をけん引するとの構想だ。

国家戦略特区は安倍晋三政権が6月にまとめた成長戦略で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り854文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン