/

島田俊平・石屋製菓社長の一問一答

島田俊平社長との一問一答は以下の通り。

――なぜこの時期に吉本興業を提訴するのか。

「これまでも『白い』や『恋人』などブランド名の一部を使った類似品はあった。今回は『白い恋人』をそのまま使っているので、提訴に踏み切った。吉本側と事前には接触はしていない。今年の7月から綿密に調査するなど、提訴の準備を進めてきた」

――面白い恋人を初めて知った時の感想は。

「正直びっくりした。すぐに消えるだろうと、気には障るが少し様子を見ようと考えていた。だが今年に入って、東京でも売られるなど、悪のりが過ぎると判断した。販路が広がったことが提訴した理由のひとつだ」

――アジアでも白い恋人の模倣品が流通している。現地での対応は。

「台湾の高雄市内で『一徳白い恋人』という模倣品が売られているのを確認している。台湾については、代理人と相談しながら、提訴するかどうかを検討している」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン