ソフトバンク、八雲町でメガソーラー 苫小牧でも構想

2013/3/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクは安平町に続き、北海道八雲町でも国内最大級となる出力10万キロワット前後のメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する方針だ。苫小牧市などでも構想があり、同社の北海道での再生エネルギー活用の動きが活発化してきた。

同社は経済産業省の認可を受けた。北海道電力と電力の買い取り条件などについて協議を進める方針。3月末までに認定を受けた設備に適用される価格(1キロワット時あたり税込み42円)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]