確定拠出年金の掛け金、北海道で従業員の「上乗せ」広がる
節税メリット見込む

2012/6/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自らの運用次第で将来の年金額が増減する確定拠出年金(日本版401k)で、従業員が掛け金を上乗せできる「マッチング拠出」を導入する企業が道内で増えている。1月に制度が始まり、6月には少なくとも20社近くに上ったもよう。低金利で運用が難しいなか、従業員に節税メリットがあるとして福利厚生に生かす狙いがある。

確定拠出年金では企業が年金の掛け金を拠出し、従業員が自ら運用して年金額を増やそうとする。マッチ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]